トレンド転換の判断補助に使えるインジケーター

FX侍です、こんにちは。

今回はトレンド転換の判断補助に役立つインジケーターを紹介します。
「nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2」という少々長い名前ですw

トレンドの転換点をローソク足の色変わりで通知するので、チャートがごちゃごちゃしないのも利点です。

▼インジケーターを表示したポンドドル1時間足(クリックで拡大します)
インジケーターを表示したチャート画像

マルチタイムフレーム対応・アラート通知も可能なので、トレンド転換を察知するのに役立ちます。

インジケーターの紹介動画と注意点

インジケーターの動作イメージは、下記の動画をご覧下さい。

特に「色変わりのタイミング」に注目して、実際にどのようにトレードに活用するのか?を考えながらご覧頂くと効果的です。

 

動画をご覧頂いた方は分かったはずですが、このインジケーターはタイムラグがあります。

下記のように天井でサインが出ていても、実際にはローソク足が数本進んだ時点で色変わりしているはずです。

▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)
ローソク足の色変わりのタイミングについて

このタイムラグをどう捉えるかで、トレーダーとしての力量が分かれます。

天底を狙う人は勝率が安定しません。
天底からトレンド転換を確認できた後に『取りやすい所をサッと取る』のが安定した勝率の秘訣です。

高い所から売りたい、低い所で買いたい気持ちは分かりますが、それは邪魔な「欲」なんです。

頭と尻尾はくれてやれの精神ですよ。

特にトレンド転換時はロスカットを刈るオーバーシュートも珍しくありませんし、FX上級者でも負けやすいポイントです。

そのリスクを理解して「天底はいらないよ」って人にとっては、使い勝手の良いインジケーターかなと。

トレンド転換はダウ理論を元に判断するのが最もお勧めですが、こうしたインジを判断補助として使うのも全然アリです。

ダウ理論でのトレンド判断については、下記でこってり解説してるので参考にどうぞ。

インジケーターの具体的な使い方

インジケーターは、トレンドの転換点をローソク足の色変わりで通知してくれます。

マルチタイムフレーム対応なので、上位足のトレンドを確認して、執行足でタイミングを取るって使い方もできます。(あくまでエントリー根拠の1つとして)

▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)
nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2の使用例1

上記の場合は、1時間足のサインを白に変更。
上位足の下落サインを確認後に、執行足である15分足でトレンド転換サインを利用するイメージです。

 

もう1つ、より具体的な使い方のサンプル事例を紹介します。

・200SMA
・TMAバンド
・nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2

この3つのインジケーターを使うトレード手法です。

200SMAでトレンド方向を見ながら、TMAバンドとnmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2で押し・戻りを狙います。

▼ポンドドル15分足(クリックで拡大します)
nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2の使用例2

大局のトレンドに合致する、短期トレンド転換の判断補助としてインジケーターを使います。

上記の場合はTMAバンドとローソク足の色変わりで、下降トレンド中の戻り売りを狙うイメージです。

チャートの左側の白丸部分では200SMAにも反応しているので、複数のトレード根拠が重なってます。
チャンス自体は減りますが、こういった場所を狙うと手堅いトレードとなります。

TMAバンドについては、下記の記事で紹介しているので参考にどうぞ。

インジケーターのダウンロード

nmt_-_ttm_scalper_with_subswings_amp_alerts_mtf_2のダウンロードは、下記リンクをクリックして下さい。

→インジケーターのダウンロード

インジの設定は簡単です。

▼デフォルトパラメーター設定
パラメーター設定

TimeFlameで表示したい時間足を選択。
後はお好みでアラート関連の設定や色を変えて下さい。

 

しっかりと上位足や執行足のチャート形状を確認しながら、このインジを使えば非常に便利です。
(インジだけを判断基準にするのはお勧めしません)

最後に繰り返しますが…

天底を狙う欲は捨てて下さい。
トレンド転換を確認した後に、手堅い場所を取るイメージで活用して下さい。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 上位足のローソク足を表示するCustomCandle6の本当の使い方
  2. 買われ過ぎ・売られ過ぎが分かりやすいインジケーター
  3. 38種類のMAが表示できる移動平均線の究極インジケーターaverages–mtf–alerts 9.1
  4. 売りと買いの優位性を瞬時に見分けるspan modelの使い方
  5. 少々マニアックなテクニカル分析のGimmeeBar検出インジケーター

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP