専業トレーダーになるにはいくら稼ぐ必要があるの?

専業トレーダーになる為にはいくら稼げばいい?

FX侍です、こんにちは。

FX侍の元には日々いろんな質問や相談が来ます。

その中で結構多いのは「専業トレーダーになりたいです」という類の話です。

FXで月に100万円を稼ぎたい!
億トレーダーになってやる!!

いいじゃないですか(・∀・)

お金を持つ人が増えれば日本の景気も良くなるでしょうし、周りの人もハッピーになるでしょうから。

下記は以前にも紹介した、日本の没落ぶりが分かる表です。

各国の経済成長ランキング

日本の経済成長は…終わってますw

頑張って真面目に働いてれば給料は上がって生活は楽になるんだ!ってのは経済成長が伴っていて成立します。
(人口増加ボーナスという条件もありますけどね)

給料は大して増えないのに、税金や物価は上がってるんですから、そりゃ大変ですよ。

そんな状況下で専業トレーダーになって稼ぐんだ!と目標を持つのは、何ら不自然ではない流れです。

 

しかし。

専業トレーダーを甘く考えてる人も少なからずいるので、今回はちょっと現実を解説します。

別に専業になるのは止めろ!って話じゃありません。
客観的に現実を知って向き合いましょうって趣旨なので、勘違いしないように。

個人事業主の現実

専業トレーダーは個人事業主という扱いになるので、会社員と違って社会的信用も低くなりますし、守ってくれる組織がありません。

ボーナス?有給?残業手当?
なにそれ?(・∀・)美味しいの?

会社員を辞めるってのは、こういう状態になります。

自己紹介のページでも書きましたが、FX侍は会社員を辞めて10年以上が経ちます。
その間に金銭的な浮き沈みも経験し、本気で金が無い時代も味わいました。
税金の支払いが厳しくて区役所や年金事務所に相談に行った事もあります。

お金を稼ぐ大変さ、お金の大切さは身に染みて感じてきました。

だからこそ言える事があります。

 

専業トレーダー(=個人事業主)は普通の会社員以上に稼がないと危険です。

 

もし自分が体調を崩してトレードできない状態が続けば、収入はそこで途絶えてしまいます。

最低でも会社員時代の2~3倍以上は稼げる腕が無ければ専業は厳しいです。
(言うまでもありませんが、数年分の生活費は蓄えた上での話です)

日本のTOP5%に入れますか?

会社員の2~3倍以上を稼ぐって、ざっくり計算すると年収1000万円ぐらいが目安になります。

年収1000万は世間一般で分かりやすい目標とされていますよね。

現実的には税負担が大きいのでけっこう大変なゾーンなんですけどね。
ただそこそこの金額がふるさと納税で使えるので、美味しい思いができるのも事実です。

まぁそれは置いておいて…

年収1000万円を客観的に捉えましょうか。

 

国税庁の調査(※)によると、年収1000万円以上の人は日本で僅か5%です。
(※出典)平成30年分民間給与実態統計調査

 

5%…まぁ普通に考えたら狭き門です。

専業トレーダーとして生きていくなら、このTOP5%に入らないと厳しいですよって事です。

じゃあ次に年収1000万円を稼ぐプランを細分化して考えてみましょう。

1日いくら稼げば年収1000万円になる?

1日いくら稼げば年収1000万円になるかを計算してみましょう。
(※ややこしくなるので複利は無視します)

1000万円÷12ヶ月=83.3万円

83.3万円が1ヶ月で稼がなければいけない金額です。
まぁ切りよく85万円で考えましょうか。

 

1ヶ月の相場は土日を除いて約20日なので…

85万円÷20日=4.25万円

4.25万円が1日に稼がなければいけない金額です。

 

ただし毎日コンスタントに勝てるレベルじゃなければ、当然1日トータルで負ける日もあるでしょう。
そして相場が材料待ちで動かない時もあるでしょうから、毎日トレードできるとは限りません。

そのような要因も加味すれば、85万円を1ヶ月で稼ぐというプランは破綻しやすいです。

月の半分ぐらいで目標を達成するぐらいの気持ちで考える方が安全です。

という訳で…

85万円÷10日=8.5万円
85万円÷15日=5.6万円

10日で目標を達成するなら1日8.5万円。
15日で目標を達成するなら1日5.6万円を稼ぐという現実的な目標が見えました。

 

じゃあどれだけのロットで目標金額を達成するのかを考えましょう。
(1日5.6万円で計算します)

・1ロットで5.6万円を稼ぐなら56pips
・1.5ロットで5.6万円を稼ぐなら37.3pips
・2ロットで5.6万円を稼ぐなら28pips
・2.5ロットで5.6万円を稼ぐなら22.4pips
・3ロットで5.6万円を稼ぐなら18.6pips

1日どれだけのpipsなら取れるのか、それに対するロット数が証拠金に対して大き過ぎないか。

こうして細分化して考えると、今の自分と目標との乖離が明確になりますね。

ただし上記はあくまで、FX侍が最低限のボーダーラインとして考える専業トレーダーが稼ぐ金額です。
各々でイメージも違うはずなので、その辺りは適宜数字を補正して計算して下さい。

まとめ

専業トレーダーになるにはいくらぐらい稼げばいいの?というボンヤリとした疑問は、この記事で明確なイメージとして捉えられたはずです。

FXは勉強さえすれば勝てる、という世界ではありません。

しかしスキルを身につければ、普通の会社勤めでは考えられない短時間で大金を稼ぐことができる世界でもあります。

目標に向かって、正しい努力を重ねましょう。

そのために当ブログは様々な情報を書いてるので、ぜひお役立てください。

FX侍塾のご案内
サインツールアプロスの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 年末年始でポジションが無くなったイメージ
  2. 根拠のあるトレードプランを考える!簡単な環境認識の仕方を解説
  3. コピートレードを勧めないシンプルな訳と例外について
  4. 未来を見通す相場観の養い方
  5. トレードルールって本当に大事なの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP