移動平均線のよく使われる数値

FXでよく使われる移動平均線の期間を大公開

FX侍です、こんにちは。

今回は「よく使われる移動平均線の期間」について。

3,5,6,10,13,20,21,25,50,55,75,100,120,130,135,200,240,300,800,1000

数値的にはこんな感じです。
75は株をやってた人が好んで入れる期間ですね。

後は上記以外に、フィボナッチの数値でもある「34,62,89,144,233」などを使う人もいます。

次に「どの移動平均線の種類を用いるか?」という視点が加わりますが、よく使われるのは下記の2種類。

・単純移動平均線=Simple Moving Average(SMA)
・指数移動平均線=Exponential Moving Average(EMA)

その他、FX中級者以上になってくるとディナポリの手法と出会い、SMA3を先行させて3×3等のDMAを使うこともあります。

移動平均線の期間を決める考え方

移動平均線の期間を決める上での、基本的な考え方を解説します。

この基本さえ覚えてしまえば、いくらでも応用が効きます。

環境認識(フィルター)として使う場合

方向性を見る環境認識として使う場合です。

基本的には中期~長期の期間を用います。

下記は「価格が移動平均線の上か下か?」という位置関係で、買いと売りの優位性を探る事例です。
上位足で目線を決め、短期足でその方向性に沿ったトレードを行います。
移動平均線を環境認識として使う事例

下記は短期足でのパーフェクトオーダーでトレンドの有無を探る事例です。
3本ではなく5本のMAを入れるケースもありますが、この場合は短期~中期(長期)までを用います。
パーフェクトオーダーでトレンドを見る事例

パーフェクトオーダーは、エントリートリガーとする場合もありますし、トレンドを見極める要素として使用して他のトリガーでエントリーする場合もあります。

エントリートリガーとして使う場合

移動平均線をエントリートリガーとして使う場合です。

エントリー手法によって短期~長期まで、用いる期間は様々です。

下記はどの時間足でも意識される200SMA付近での反発してエントリーする事例です。
相場状況や時間足によって200EMAの方がマッチする場合もあります。
移動平均線をエントリートリガーとして使う事例

200SMAのポテンシャルついて、下記で詳しく解説しているので参考にして下さい。
最も見られている移動平均線と言っても過言ではありません。

 

下記は移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスでエントリーする事例です。
押し戻りが明確なトレンドが出ている場合には、こんなシンプルな条件でも機能します。
移動平均線をエントリートリガーとして使う事例

移動平均線のクロス手法は有効ですが、傾きが勝率を左右します。
詳細は下記で解説しているので参考にして下さい。

まとめ

移動平均線は他のインジケーターのようにデフォルト設定がないので、自由度が高い反面、逆にそれで迷う人が多いです。

期間は「何の目的で使うのか?」によって異なります。
環境認識(フィルター)として使うのか、エントリートリガーとして使うのか?

まずは移動平均線を使う目的を明確にしましょう。

トリガーとフィルター(セットアップとも言います)の違いがよく分からない方は下記を参考にして下さい。
この違いをしっかりと理解することで、テクニカルの考え方がシンプルになります。

 

最後にもう一度数値を載せておきます。

3,5,6,10,13,20,21,25,50,55,75,100,120,130,135,200,240,300,800,1000

基本的には、短期・中期・長期の3つを設定する人が多いです。

色々な数値をチャートにセットして試行錯誤して下さい。
その地道な努力は確実にスキルアップの底上げに繋がりますので。

 

実は欧州勢が好んで使う期間や種類は存在します。
ただ…それは残念ながらFX侍テンプレートをお使いの方だけの秘密です。

何だよ!教えろよ!(`Д´)って方は、下記をご覧下さい。

FX侍テンプレートの紹介
サインツールSindyの紹介

同じカテゴリ内のオススメ記事

  1. 優位性のトレードの必需品「エントリー根拠」って何個いるの?
  2. デイトレ向きの環境認識のやり方を徹底解説
  3. ドルインデックスの実践的な見方と活用術
  4. レンジ相場突入を素早く判断する値動きの法則
  5. ドルインデックスとは?を分かりやすく解説
  6. ボリンジャーバンドを特性別に3つに分類

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP